【宅麺レビュー】二郎系ラーメン「魔人豚」を注文してみた!

スポンサーリンク




f:id:masato1995:20170119000039p:plain

学生の頃は、ラーメン二郎に週2回、3回行くこともありました。

まさと(@O_Masato1995  )です!

今でもTwitterやInstagramで二郎の画像が流れてくるたびに、食いたい衝動にかられるのですよ。

今すぐ食べたい。。。

だけど、こうゆう時に限って休みだったり、雨だったり。もちろん夜中に食べたくなることもありますよね。

”もういっそのこと、家で二郎が食べたい”

そんな願いを叶えてくれたのが『 宅麺.com 』でした!

 


スポンサーリンク

 

 

宅麺.comとは

f:id:masato1995:20170118195805p:plain

宅麺.comは、全国津々浦々の行列店のラーメン・つけ麺の中から厳選した商品をお取り寄せできる通販サイトです。

店舗で出されているスープと麺・具材をそのままを冷凍し、ご自宅で調理頂くことで、これまで店舗でしか味わえなかった味をご自宅や 職場でもお楽しみ頂けます。扱っている商品は、すべて店舗で実際に出されている商品と同じ商品です。

引用: 宅麺.com 

 ラーメンの通販!

種類も

  • 醤油
  • 味噌
  • 二郎系インスパイア
  • とんこつ
  • つけ麺

 と様々。

ただ、あれなんですよ。ちょっと高いんです。送料も約800円もしますしね。そのかわり、お店で並ぶってことはないし、食べたい時に食べられます。

今だと、会員登録で300円引きのキャンペーン中。 

 

↓【宅麺公式ページ】↓

 

宅麺.comで注文してみた!

f:id:masato1995:20170118184343j:image

 とゆうことで気になりすぎたので注文してみました!

お店が休みでも、夜中でも食べられるのは本当に魅力的。

 

f:id:masato1995:20170118184459j:image

▲注文したのは 二郎系で1番人気の「魔人豚(マジンブゥ)」と、つけ麺の有名店「とみ田」を1人前ずつ!

あと、お手紙が添えられてきます。ご丁寧にありがたいですな。

 

f:id:masato1995:20170118184623j:image

▲賞味期限は届いてから1ヶ月くらいの記載だけど、冷凍庫に入れておけば半年くらいは大丈夫な気がします。

 

魔人豚(マジンブゥ)を作っていく!

f:id:masato1995:20170118184531j:image

▲宅麺.comの二郎系で1番人気「マジンブゥ」

これ、ネーミンングセンス良いよね。

家で二郎が食えるなんてワクワクしかない!

 

入っている食材

f:id:masato1995:20170118184725j:image
  • ごく太麺(250g) 
  • 脂たっぷりスープ(チャーシュー2枚入り)
  • 背脂(脂増し用)
  • 作り方(茹で時間など)

麺、スープ、脂、チャーシューはお店そのままの素材!

残念ながら、野菜は別に用意します。

 

作り方

f:id:masato1995:20170118184935j:image

▲本当はコンロが3つくらい欲しいところだが、2つしかないのでこれで対応していく!

熱湯を用意します。

 

f:id:masato1995:20170118190058j:image

▲さっそくスープと脂を温める。

その間に、野菜を茹でておくと段取り良く出来るでしょう。が、ぼくは鍋が小さかったので同じ鍋で茹でます。笑

 

f:id:masato1995:20170118185215j:image

▲二郎といったら、もやしとキャベツ!

  • もやし    1袋
  • キャベツ   1/4玉

結構多いく感じましたが、茹でると縮むのでそんなことはなかったです。

3〜4分が丁度良い!

 

f:id:masato1995:20170118185234j:image

 ▲はい!ボールに移しておきます。

ちなみに、ぼくは「野菜マシマシ」派だよ!

 

f:id:masato1995:20170118185251j:image

▲それでは麺を茹でていきましょう! 

 麺は自然解凍はしない方が良い。水分が出てビチョビチョになるからね。

さすが極太麺8分くらいは茹でます。

 

f:id:masato1995:20170118185310j:image

▲今こんな状況!

左で麺を茹でて、 右ではスープを温めている。野菜も意外と熱々の状態です。

 

f:id:masato1995:20170118185331j:image

▲器は茹でているお湯でしっかり温めておく。

学生時代ラーメン屋でバイトしてたからこれくらいは常識。 

 

f:id:masato1995:20170118185345j:image

▲すっごい脂と濃いスープ!

 

f:id:masato1995:20170118185410j:image

▲やばい。匂いが二郎そっくりだ。冗談抜きで二郎に匂いです。

チャーシューは盛り付けように別皿に避けときます。

 

 ラーメンどんぶりは用意しておきましょう!

 

f:id:masato1995:20170118185432j:image

▲どうっすか。このぶっとい麺。ぷりっぷり。もう、たまらない。

 

f:id:masato1995:20170118185449j:image

▲野菜をドサッと。 器がヒタヒタで溢れそう。こんなにも茹で野菜が美味しそうになる瞬間はないですね。

 

f:id:masato1995:20170118185520j:plain

▲も、も、もう完成しますよー!

 

出来たー!! 

f:id:masato1995:20170118185534j:image

 完璧だ。

「小ラーメンの野菜マシ、アブラ」って感じですね。

 

実食!

f:id:masato1995:20170118185612j:image

 いつもならスープをすするところですが、器ギリギリ過ぎるので麺をほじくりだしていただきます!

うまい。

スープもよく絡む。見た目の割にスープはマイルド。本家の二郎よりは薄めかもしれない。 

 

f:id:masato1995:20170118185555j:image

 ▲やっぱ、二郎と言えばニンニク。今回はチューブの物を使ったけど微妙。めんどくさくても生ニンニクを刻んだ方が良かったですね。

生姜と入れるとさっぱりして美味しくなりますよ。

 

f:id:masato1995:20170119112650j:image

▲味がしっかり染み込んでいる。肉!!!って感じのチャーシュー。

2枚だけじゃものたりない。

 

 

f:id:masato1995:20170118185744j:image

▲麺も二郎特有のワシワシ感。

野菜もめっちゃすすむ。

 

f:id:masato1995:20170118185827j:image

▲あっというまに間食

それから、絶対スープこぼれるので器の下に受け皿的なのがあると安心します。

 

f:id:masato1995:20170118185847j:image

▲物足りない時は、こんなことしちゃってください。

これも家でしか出来ませんよね。笑

 

 f:id:masato1995:20170118185854j:image

うまっ。

 

〈まとめ〉危険!冷凍庫にストックしそう。

 普通にウマイ。

これは二郎好きの友人にもプレゼントできそうだし、いつでも食べれるなら冷凍庫にストックしてしましそうだ。完全にデブへの第一歩を歩もうとしている。

f:id:masato1995:20170119125106p:plain

 ▲しかも、まだまだ二郎系のラーメンが取り揃えてあるんだよね。全部気になる。

 またちょいちょい注文したいと思います!

 

↓【宅麺販売ページ】↓

 

▼ジロリアンの漫画が面白いよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA