大人気「中華蕎麦 とみ田」のつけ麺を家で堪能する!【宅麺】

スポンサーリンク




f:id:masato1995:20170120190736p:plain

中華蕎麦 とみ田」と言ったら今でも2時間以上並ぶとゆう、千葉県の大人気のつけ麺屋さん!

テレビやYouTubeなどよく見かけますし、コンビニにもコラボ商品が並べられています。

めっちゃ食べたい。しかし、宮城県民のぼくにとってつけ麺を食べにわざわざ千葉県に行くのははっきり言ってめんどくさいのです。笑

調べてみると「宅麺.com」でとみ田のつけ麺が売っているではありませんか。即効ポチりました。

 


スポンサーリンク

 

 

宅麺.comについて

f:id:masato1995:20170118195805p:plain

つい先日も「宅麺.com」でラーメン二郎インスパイア系「魔人豚(まじんぶぅ)」を食べた!って記事を書きました。最高でしたよ。

 

簡単には言うとラーメンのネット販売です。

宅麺.comは、全国津々浦々の行列店のラーメン・つけ麺の中から厳選した商品をお取り寄せできる通販サイトです。

店舗で出されているスープと麺・具材をそのままを冷凍し、ご自宅で調理頂くことで、これまで店舗でしか味わえなかった味をご自宅や 職場でもお楽しみ頂けます。扱っている商品は、すべて店舗で実際に出されている商品と同じ商品です。

▲公式ホームページにはこう書いてありました。

 

f:id:masato1995:20170120155933j:image

▲こんな感じで届きます。

送料は約800円と少し高めに感じますが、わざわざ千葉県にいったり、2時間並ぶことを考えたら全然余裕! 

 

↓【宅麺公式ページ】↓

 

「中華蕎麦 とみ田」のつけ麺を作る

f:id:masato1995:20170120160055j:image

そこら辺のコンビニコラボ商品とは大違いだ!

麺だって、スープだってお店そのままの味なんですから。やっぱ、本物を堪能したいじゃないですか。

 

入っている食材

f:id:masato1995:20170120160804j:image
  • 麺(250g)
  • スープ(チャーシュー・メンマ入り)
  • 作り方(麺の茹で時間など)

 麺は250gとずっしり多め。

賞味期限は40日間と決められているようだが、多分冷凍しておけば半年は持つと思う。

 

自分で用意したトッピング

f:id:masato1995:20170120161007j:image

飯を作る時のぼくは本気だ。

  • のり
  • ナルト
  • 煮たまご
  • 白髪ネギ

 ナルトは偶然お正月に使ったのが残ってました。

 

f:id:masato1995:20170120165417j:image

▲煮たまごは前日から仕込んでます。 本気ですからね。 

  1. 水を沸騰させる
  2. たまごを約7分茹でる
  3. すぐに冷やし、殻を剥く
  4. めんつゆと水(1:1)に一晩寝かせる

 

ほい。完成!
f:id:masato1995:20170120183608j:image

 

f:id:masato1995:20170120165443j:image

▲白髪ネギもお手のものだ!

ダシとラー油で少々味をつけておきました。

 

作り方

f:id:masato1995:20170120163621j:image

鍋はスープ用と麺用で2つあると便利です。

まずはスープを温める!

 

f:id:masato1995:20170120163657j:image

 ▲スープがほぼ溶けたら、麺を茹でていきます。

カッチカチに凍ったままでOK!

解凍させると麺がベチョベチョになるので注意しましょう。

 

f:id:masato1995:20170120163713j:image

▲今の所こんな状況。

スープの匂いはまだしないけど、ワクワクが止まらない。 

 

f:id:masato1995:20170120163817j:image

▲つけ麺と言ったら冷たい麺。

しっかり流水で締めます。

 

f:id:masato1995:20170120163831j:image

 ▲スープはトロットロ。すっごい濃厚そう。

魚介の香りがブワッときます。(擬音ばっかになった。)

 

完成!!

f:id:masato1995:20170120163847j:image

ツッコミたくなる器ですが、気にしないでください。

 

実食!

f:id:masato1995:20170120164029j:image

麺はとみ田さんが独自にブレンドした完全にオリジナルの麺。

蕎麦っぽい黒いつぶつぶが特徴ですね。 

 

f:id:masato1995:20170120164535j:image

▲一口目は麺だけで行かせていてだきます。

コシがすごいし、しっかり小麦の味もする。 

 

f:id:masato1995:20170120164738j:image

▲スープをたっぷり浸していただきます。

うめぇ。

スープがトロトロ過ぎるんじゃないかと思ってましたがそんな心配はありませんでした。意外にもあっさり!

魚介の旨味も感じられますし、麺の良さも感じられます。

 

f:id:masato1995:20170120164627j:image

 メンマも入っています。

箸の先になんかくっついてるのわかりますか!?

これ、ゆずです!たまに口に入ってきて一気に爽やかにしてくれるだよね。おかげで味に飽きることなく食べ進められましたよ。

 

f:id:masato1995:20170120164600j:image▲のりと一緒に。うま。

 

f:id:masato1995:20170120164612j:image

▲チャーシューもトロトロ。うま。 

 

f:id:masato1995:20170120164811j:image

煮卵うま。 

 

f:id:masato1995:20170120164825j:image

 ▲恒例のおじやでございます。

つけめんのスープはご飯にも合いますね。

いやー。お腹いっぱい。

 

▼よく探してみたら楽天やAmazonにもありました。笑 

 

〈まとめ〉名店の味が家から1歩も出ずに食べれてしまった

 ネットで注文するだけで、名店のラーメン食べれてしまうなんて。良い時代に生まれましたよ。

食べたいけど遠いなーって方は是非利用してみてください!

 

↓【宅麺公式ページ】↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA