α5100にボケ感を。SONY単焦点レンズ「50mm F1.8」レビュー!

α5100にボケ感を。SONY単焦点レンズで1番安い「50mm F1.8」レビュー!

 

ぼくが使っているカメラはSONYの「α5100」

コンパクトで持ち歩きやすく、操作も簡単。自撮りだって出来るし、Wi-Fiを繋げばすぐスマホに送れる。

画質だって満足のはず…でしたが、やはり欲が出てしまいました。

もっとボケ感を出したい。主役をキリッと目立たせるようなレンズが欲しい。

人生で初めてのカメラレンズ購入です。

 

ボケ感を楽しむには「単焦点レンズ」

ボケ感を味わうなら単焦点レンズ

ぼく自身、カメラはもちろんレンズのことも分かりませんでした。

そこら辺も踏まえ、レンズの知識をさらっと触れながらレビューしていきます。

まず、レンズの種類は大きく分けて2つ。

  • ズームレンズ
  • 単焦点レンズ

それぞれざっくり解説すると

ズームレンズ:その名の通りズームが出来ます。調節次第で撮りたい物を大きく撮ったり、小さく撮ったり、ある程度自由自在。

ぼくの場合、α5100のレンズキットを購入したので、ズームレンズが装着されていました。初心者にとっては使い勝手も良く、とっても便利。ただ、ボケ感は少なめなんです。

 

単焦点レンズ:ズームが出来ない。自分でカメラとの距離を図りながら撮影します。

不便に感じるかもしれませんが、その分ボケ感が強く、明るい写真が撮れます。より美しいく、より一眼っぽく撮ることが出来ます。

とゆうことで、初めての「単焦点レンズ」ですっ!

 

SONY  Eマウント単焦点レンズ「50mm F1.8」レビュー

3万円以下!SONY「Eマウント」単焦点レンズで1番安い

ソニーで1番安い単焦点レンズ

レンズってなかなか高いですよね。安くても2、3万、高いものだと数十万。

いきなり高価なレンズを買うのは、値段的にも技術的にもハードルが高いので今回は遠慮しときました。いずれは欲しいけど…。

SONYのレンズには

  • Aマウントレンズ
  • Eマウントレンズ

の2種類があります。

α5100に合う規格(サイズ)はEマウントレンズ。中でも1番安かった単焦点レンズが「50mm F1.8」でした。

1番安いレンズはどうなんだろう?とゆう興味もあったので、購入してみました。

 

F1.8のボケ感はさすが

f1.8のしっかりとしたボケ

▲こちらが、単焦点レンズ「50mm F1.8」撮った写真。

今まで標準のズームレンズしか使ってなかったので、ここまでボケるとは思いませんでした。

このF値が低ければ低いほど、ボケ感を出すことが出来る訳ですが、F1.8はすごいね。

 

f2.8のボケ感

▲標準ズームレンズの最小F値、F2.8で撮るとこんな感じです。スマホで撮るよりはボケていますが、F1.8と比べてしまうと全然違います。

レンズ1つでも随分違うもんですね。「カメラ本体よりもレンズが大事。」とよく聞きますが、その通りだと思い知らされた瞬間でした。

ド素人のぼくでも、それらしい写真が撮れてしまう…。もちろん自己満ではありますが、まずは”楽しむ”ことが上達への近道なのです!

 

前ボケも良い

▲前ボケもいい感じ。より主役を強調できます。

やっぱボケが強いと楽しいですね。もっと上手くなりたいな。

 

焦点距離50mmでは画角が狭い

自撮りしてみると画角が狭い

ちょっと自撮りを例にします。目一杯腕を伸ばして撮ってもこんなもんです。

これはこれで良い写真な気もしますけどね。髪の毛一本一本、肌のシミが目立って恥ずかしい…。

 

標準ズームレンズを使うと

▲標準ズームレンズを使って、同じように撮ってみるとこんな感じ。こちらは焦点距離16mmです。

このように焦点距離が50mmと16mmでは全然違います。

 

しかも、単焦点レンズはズームが出来ないので、引くことも出来ません

それも踏まえた上で、撮りたいものとの距離を考えることが必要ですね。

 

ややボリューミー。それも悪くない。

ちょっとボリューミー

標準レンズと比べると約2倍の厚み。重さは約215gで、やや重く感じるかもしれませんが、それがまたカメラっぽいとゆうか、カッコいいとゆうか。

 

α5100に装着

そうなるとカメラの方も、もう少しゴツいの方がいいかなぁ。なんて考えてます。物欲が…。

まぁ、一眼レフに比べたら全然軽いんですけどね。

 

レンズフードも付属

それと、レンズフードが付属しています。

 

それでは作品例をどうぞ!

「作品」と言うほどでもありませんが、パシャパシャ撮ってきました!

素人ですので、お手柔らかに。

花見 桜

 

チョコバナナマフィン

 

リモコン ペットボトル まさトーークのまさと まさトーークのまさと 抹茶のドリンク 工事の時のカラーコーン シャンパンとグラス

 

手軽にボケ感を味わおう。

SONY「Eマウントレンズ」コスパNo.1の単焦点レンズ

SONY「Eマウントレンズ」の中でも1番安い単焦点レンズを購入してみました。コスパでいえば文句なしのNo.1。

ボケ感も言うことはありません。ただ、

  • 自撮りする
  • 被写体に寄って撮りたい

などには向かないレンズかもしれません。

その代わり、

  • 人を撮りたい
  • 風景を撮りたい

などの方には滅茶滅茶おすすめ。ある程度ならブツ撮りもできますしね。

 

購入の際は保護フィルターもお忘れなく

フィルターも忘れずに

ホコリや、砂、油はレンズの天敵です。

ぼくは、レンズ一つ一つに保護フィルターを取り付けるようにしています。

 

 

スポンサードリンク




関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA