贅沢!柔らか栗ようかん超簡単レシピ!

スポンサーリンク




f:id:masato1995:20160708154424j:image

まさと(@O_Masato1995)です!

ようかん食べたいー。」って駄々こねられたので。さっそく作っていきいましょ!

あんこ好きにはたまらない和菓子ですよね。

簡単過ぎ!10分15で出来ちゃいました。

有名な所の高級ようかんには絶対 ”” が入っている!栗いれれば高級感も出せて、食感も楽しめる。入れます。

 

 

ようかんの種類

一口にようかんと言っても、いろいろあるのだ!

基本的にはこの2つの製法で作られていてる。

まず、「 煉羊羹ねりようかん)」

寒天に餡、砂糖を入れ、その名の通り煉る!冷やして完成。固めで、しっかり餡の味がする。

 

次に「水羊羹みずようかん)」

煉羊羹とほぼ一緒なんだけど、水の量が多いのだ、水分が多い分プルプルで柔らかい。味もあっさりしている。

で、今回は作るのは煉羊羹(ねりようかん)

スーパーで売っているような甘くて固めの煉羊羹じゃなくて!甘さ控えめ、柔らかめを作っていきますよ!

 

スポンサーリンク

 

寒天の種類

寒天は食物繊維も豊富、カロリーほぼゼロのめっちゃ身体に良い食べ物。

棒状の寒天と、粉の寒天がございます!

棒状の寒天を使う場合には、手でほぐして一晩ほど水に浸してから使うと良いです!

粉はそのまま!即効使える。

差はそんなに無いと思います。なので今回は粉寒天を使うよ。

 

 

材料

f:id:masato1995:20160708154535j:image
  • あんこ(こしあん) 250g
  • 砂糖        30g
  • 粉寒天       4g
  • 栗の甘露煮     6個
  • 水         100ml

あんこは。こしあん・つぶあんお好きな方をお使いくださいませ!

砂糖なんですが、使うあんこによって甘さが違うんですよ。甘さを確かめて感覚で入れていきます。

栗の甘露煮が高い!ほんと高い。400円くらいしました。

 

手順

① まず、鍋に水、砂糖、寒天を入れて火にかけていきまーす!日は中火くらいです。

砂糖寒天が溶ける。とゆうかトロトロになってきたら、一旦火を止めましょ。

f:id:masato1995:20160708162734j:image

 

② そのまま火を消した状態からあんこを投入。煉羊羹ですから!練っていきますよ。

f:id:masato1995:20160708163414j:image

 

③ 火をつけます!弱火くらい。

ここで完成の時の固さも決まっちゃうので注意ですよー。ま、感覚なので。経験ですな。

f:id:masato1995:20160708163529j:image

 

④ タッパに入れていきますよー。ネットリしてるので木ベラで全部流し込んでください。

流し込んだら何回か上から落として綺麗に均していきます。

f:id:masato1995:20160709222635j:image

 

⑤ 今回の主役。栗の登場!

甘い密を一旦流水で流してキッチンペーパーでしっかり拭き取り、下準備終わり。

f:id:masato1995:20160711104117j:image

 

⑥ 栗を押し混む。

刻んで、ようかんに練り込んでも良いですね!今回はこんな感じで行きます。

あとは蓋をして冷蔵庫でおやすみなさい。

一晩たてば十分でしょう!

f:id:masato1995:20160711112853j:image

 

⑦「栗ようかん」完成!でーきーたー!

f:id:masato1995:20160711113201j:image

 

あとはお好みでカットして食べる。

f:id:masato1995:20160711113339j:image

冷たくてしっとり。あんこは柔らかめで美味しい。

ヤバイ。甘さ控えめだから半分くらい食えそう。甘さ調整は手作りならでわです。

 

是非手作りを食べて

やっぱり手作りは美味しいっす!

市販のようかんは甘すぎる。手作り!おすすめですぞ。

寒天の量や、火にかける時間に、よって固さが変わります。自分好みの固さを探してみるのが良いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA