しっとりスポンジケーキの作り方!失敗させない3つのコツ

スポンサーリンク




f:id:masato1995:20170105115942j:image

スポンジケーキは買ってくるものじゃない。

作るものだ!

市販のスポンジケーキって何入ってるか分からないし、甘過ぎるのです。

ぼくが毎年、試行錯誤しながら作っている『しっとりスポンジケーキ』の作り方をご紹介しましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

卵の泡立て方は「共立て」と「別立て」の2種類

f:id:masato1995:20170105204951j:image

白身と黄身を一緒に混ぜる「共立て

黄身と卵白を分けて混ぜる「別立て

と2種類の泡立て方があります。

パティシエの方に多いのが共立てですが、卵の泡立てが難しく初心者には別立てを薦める場合が多いようです。

とゆうことで今回は別立てで作っていきましょう!

 

しっとりスポンジケーキの作り方

材料

f:id:masato1995:20170105175517j:image

〈18cm型〉

  • たまご      3個
  • 牛乳       40ml(cc)
  • バター      30g
  • 薄力粉      90g
  • バニラエッセンス 2,3滴
  • 砂糖       90g

バニラエッセンスは無くても大丈夫ですよ!

 

▼卵はあらかじめ常温にしておきましょう。

すぐ作り始めたい場合は40℃くらいにお湯に入れてる出来るだけ常温に近づけます!

f:id:masato1995:20170105175618j:image

 

▼小麦粉はふるっておく。

ふるった後はあまり、触らないでくださいね!またダマになっちゃうので。

f:id:masato1995:20170105175948j:image

 

 

手順

それでは時系列順に説明していきますので、そのままついてきてくださいませ。

 

1. はじめに、型にクッキングシートを敷いておく。

f:id:masato1995:20170105175718j:image

 

▼1cmくらい折ってハサミで切れ目を入れると、側面に敷きやすいです。

バターを塗るってゆう手もあるけど、こっちの方が簡単。

f:id:masato1995:20170105175757j:image

 

2. 次にバターに牛乳を入れてる電子レンジで温めていく。

20〜30秒くらいで温まると思うので様子を見ながら調節してください。

※バターはもう少し細かく切ってからの方が良かった。

f:id:masato1995:20170105175829j:image

 

 ▼完全にバターが溶けきったらバニラエッセンスを入れてかき混ぜる。

これが温かすぎると、泡が消滅してしまう原因になるので冷ましておく。

f:id:masato1995:20170105180314j:image

 

3. ここでオーブンを予熱!温度は190℃。

生地を入れるの時に温度が下がってしまうので高めの設定です。

f:id:masato1995:20170105175853j:image

 

4. いよいよ、泡立て!

卵白と卵黄を分ける。

スプーンとかですくって分けても良いです。

※ボールには絶対油や水滴がついていない清潔なものを使ってください。

f:id:masato1995:20170106154530j:image

 

▼今回は別立てとゆうことで、先に卵白を泡立てていきます。

結構しっかりめに泡立て、2回に分けて砂糖を入れる。

f:id:masato1995:20170105180614j:image

 

▼ハンドミキサーは必須

 

▼しっかり角がたつくらい混ぜたら卵黄を加え、低速で混ぜる。

ここからはスピード勝負!急いで焼くところまで行きましょう。

f:id:masato1995:20170105175454j:image

 

5. ふるった薄力粉をもう1度ふるいながら加える。

ここでゴムベラの登場!

3〜4回に分けて入れると良いです。

f:id:masato1995:20170105182346j:image

 

▼これが難しい。切るように混ぜるってヤツです。

優し~く。すばやく。

f:id:masato1995:20170105182405j:image

 

▼youtubeの動画も参考にしてみてください。

 

 6. 最初に溶かしておいたバターと牛乳を投入!

ここで注意すべきはゴムベラに当てながら回し入れるとゆうこと。一気に入れるの沈んでしまい、かき混ぜずらいのだ。

f:id:masato1995:20170105182423j:image

 

7. 型入れるのだが、20~30cmの高さから垂らし入れる。

f:id:masato1995:20170105204005j:image

 

▼更に、型ごと20~30cmの高さから落とす。これを2回。

大きい空気を抜く作業になります。

f:id:masato1995:20170105182442j:image

※今回写真撮りながら作ってたら泡がしぼんだ。笑

型の8割以上が生地が入っていたら間違いなく成功すると思います!

 

8. 170℃で35~40分焼き上げる!

もう。めっちゃいい匂い。甘くて美味しそうな香りが部屋に広がるー!

f:id:masato1995:20170105182853j:image

 

串や爪楊枝を差して何もついてこなければOK!

f:id:masato1995:20170105182907j:image

  

[完成!!]

f:id:masato1995:20170105185500j:image

 

 ▼ケーキクーラーがあると良い

 

▼固く絞った綺麗なタオルをかけ予熱をとる。

ほっとくとパサパサになってしましますからね。

f:id:masato1995:20170105185513j:image

 

▼予熱が覚めたらしっかりラップして冷蔵庫で冷やす!

しっかり冷えていた方が切りやすいので、一晩は冷蔵庫でお休みさせたいですね。

f:id:masato1995:20170105185534j:image

 

ちゃちゃっとデコレーション!

f:id:masato1995:20170106181720j:image

串や爪楊枝で目印を付けてスライス!

 

▼こんな感じ。包丁を少し温めて切ると切りやすいよ! 

f:id:masato1995:20170106181810j:image

 

 ▼3枚に切るとかなりボリューミー。生クリームも3パック使ってます。

f:id:masato1995:20170106181930j:image

 

 ▼はい!いやー。我ながらうまいなー。笑

f:id:masato1995:20170106181951j:image

 

▼サンタさんやで。可愛いでしょ。

f:id:masato1995:20170106181959j:image 

 ▼スポンジもきめ細かくて美味しい!!

f:id:masato1995:20170106182013j:image

 

スポンジケーキを失敗させないの3コツ

たまごは常温にする

たまごは常温!

なんなら、少し温かいくらいが良い。

冷たいたまごより、温かいほうがキメの細かいスポンジケーキが出来るらしい。

投入した砂糖も溶けやすくなるし、必ず常温にはしましょう。

 

▼共立ての時は湯煎を用意して混ぜてましたからね。
f:id:masato1995:20170106155730j:image

 

薄力粉は必ずふるう

めんどくさがらず、薄力粉は必ずふるいましょう。クッキーとかビスケットなら別にそれほど影響はないでしょうが、スポンジケーキはそうもいかないのですよ。

1~2回はふるって、使う時にもう1回ふるいます。

 

サックリ切るように混ぜる

 これが難しい。

サックリすくうように混ぜていく。

練るように混ぜてしますとまったく膨らまなくなる。これだけは注意です。

 

[まとめ]スポンジケーキ作りに挑戦してみよう!

これまでスフレチーズケーキレアチーズケーキスコーンなどを作って来ましたが、やはり難易度は高め。

でも、1番のコツは何度も作ってみること。

是非挑戦してみてくださいませ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA