ランニングでスマホどうしてる?アームバンド(ポーチ)を使って走ってみた!

スポンサーリンク




f:id:masato1995:20170616184956j:plain

ぼくはランニングの際、走った距離や時間、ペースを管理するためにアプリを使っています。同時に、音楽も聴いているのでスマホは必須。

 

ただ、今までポケットに入れて走っていたのでスマホが前後にブラブラ、上下ブラブラと、若干のストレスを感じていました。

とゆうことで『アームバンド』なるものを買ってみました!


スポンサーリンク

 

 

Omaker『スポーツアームバンド』

f:id:masato1995:20170611154854j:image

価格:約1200円

今回は購入したのがOmaker(オーメーカー)の「スポーツアームバンド」。

Amazonでの評価もすこぶる良く、”スマートフォンアームバンド”カテゴリーでベストセラーになっていました。

 

f:id:masato1995:20170611154914j:image

中身はこちら

  • アームバンド本体
  • 保証書

保証期間もしっかり18ヶ月と、安心な商品。

 

マジックテープで腕の太さに合わせて調節

f:id:masato1995:20170612113256j:image

マジックテープでの装着なのでキツめ、緩めの微調整が出来て、男女兼用です。

画像右側に見えるバンドを通す穴は、外側が腕回り30cm~39cmまで。内側が19cm~29cmまで調節可能とのこと。

 

ぼくは難なく装着出来ましたが、

同じような商品を持っていた、レビュー系ブロガーの「うぃる」さんは腕が太くて入らなかったそうです。

 

 

上腕部で40cm以上になると厳しいみたいですね。

 

それと画像にも少し見えますが、洗濯機での洗浄や、アイロンは出来ません。手洗い程度なら大丈夫でしょう。

 

 縫い目のないシンプルな造り

f:id:masato1995:20170612113315j:image

黒をベースにグレーの文字やロゴが入っていいます。

凹凸や穴はあるものの、縫い目は一切ありません。おかげで、走っている最中の摩擦も少なく、擦れて怪我をする可能性が最小限で済みます。

肌触りもサラサラで着けていて違和感はありません。

 

厚さ1mm。驚異の軽さ

f:id:masato1995:20170611155013j:image

なんと、厚さ1mm。めちゃめちゃ薄い。そして軽い。かと言って耐久性が低いわけでもなく、潜水服と同じ素材を使った生地は頑丈で、動きやすいです。

薄いので通気性も良く、蒸れや汗が溜まるのを防ぎます。

 

小銭も入るキーポケット

f:id:masato1995:20170611155028j:image

鍵を入れることができる小さなキーポケット。

できるだけ荷物を少なくして走りたいものの、家を無用心にするわけにはいかないです。実家暮らしや、ジムで走る方は心配いりませんが、この小さなポケットは重要ですね。

 

f:id:masato1995:20170611155041j:image

 伸縮性のある素材は、このようにしっかり鍵を掴んで離さない。実際にいれてみて分かりましたが、絶対落ちないです。

  

f:id:masato1995:20170611155058j:image

ぼくの場合、家に誰かいるので基本的に鍵は持ちません。

ただ、走り終わったら飲み物が欲しくなる。まぁ、最初から買っておけって話ですが、準備してない時だってあるのですよ。

500ml1本買うくらいのお金を入れて、帰りについでに買う。これ、便利。

  

イヤホンも使える

f:id:masato1995:20170611155112j:image

先に言った通り、ぼくは音楽を聴きながら走るのが好き。

アップテンポな曲を聴いて序盤でバテたり、スローテンポな曲を聴いて中々進まなかったりするけど、好き。

イヤホンが使えるように穴があるのは本当に嬉しいです。

外で走る際は車や自転車に十分ご注意をっ。

 

f:id:masato1995:20170611155125j:image

穴も5箇所あるので合わないとゆうことは、まず無さそう。

 

5.5インチまで対応

f:id:masato1995:20170611155140j:image

5.5インチまで対応していて、iPhone6、iPhone7、XPERIA Zシリーズまで入ります。

ちなみにぼくはXPERIA Z5ですが、ぴったんこでした。

 

カバーの上からでも操作可能

f:id:masato1995:20170611155155j:image

 実際に操作をしてみました。良好です。柔らかい感覚でタッチやスライドもしやすいです。

 

ちょっと走ってきたぜ!

f:id:masato1995:20170611155302j:image

装着もマジックテープなので簡単!

 

さて、時刻はPM7:00

夏間近のちょっと涼しい風を感じながら、近所を4.5km程ぐるっと。

runtasticとゆうアプリを起動して走ってきます。

 

f:id:masato1995:20170612232057j:image

4.47kmを29分掛けて走ってきました。

runtasticは、平均ペースや平均速度も表示してくれるアプリなのです。これで無料は太っ腹。

 

Runtastic GPS搭載 ランニング&ウォーキング

Runtastic GPS搭載 ランニング&ウォーキング
開発元:runtastic
無料
posted with アプリーチ

 

アームバンドはというと、ズレ落ちることもなく軽快に走ることが出来ています。

いくら軽量といえど、スマホを腕につけるのは重たいかな?とゆう心配がありました。

実際に走ってみならそんなことはなく、5kmやそこらでは全然余裕!ほとんど気になりません。

ハーフ(21km.0975)や、フル(41.195km)なら別かもしれませんけどね。

 

f:id:masato1995:20170611155508j:image

あっ、あと最近Bluetoothイヤホンを買ったんですが、これめっちゃ良いです。

体の前にあるコード無くなるだけで、だいぶ楽です。

 

 

気になった点

カメラ機能は使えない

ぼくは走ってる時、あまりカメラ機能は使わないですが、1度アームバンドに入れてしまうと取り出しづらい。

カメラを使う人には不向きですね。

 

腕に着けたら、スマホ操作はしずらい

超あたりまえのことだけれども、

腕につけたら画面は触りずらいです!

アプリを起動して、音楽を再生するだけなのでほとんど触りませんけどね。

 

ウィンドブレーカーの上からの装着だと滑る

 素材の相性もあると思いますが、ウィンドブレーカーなどのシャカシャカした素材だと滑り落ちやすいです。

タオル地の普通のパーカーの上からは大丈夫でした。

 

ランニングのスマホ持ちにおすすめ 

f:id:masato1995:20170613141932j:image

今回「アームバンド」や「アームポーチ」と呼ばれるスポーツグッズを初めて使いました。

走る時のストレスがまた1つ解放され、気分が良いです!ランニングでスマホを持つ人にはベストアイテムかもしれません。

 

 今までポケットに入れていたスマホは、当分このアームバンドに収めて走りたいと思います!

 

コメントを残す