【お土産】賞費期限1日間!?伊勢名物「赤福」の 優しい甘さに感動

スポンサーリンク




f:id:masato1995:20161007222646p:plain

つい先日、主に名古屋を拠点としているブロガー。団子 さんとお会いする機会があったのだ!

そこで、伊勢名物「 赤福 」をお土産でいただいてしまった。あんこ好きのぼくにとって堪らなく嬉しい。 

 

 

伊勢名物「赤福」

f:id:masato1995:20161008175218j:image

 じゃん!

三重県伊勢市の名物赤福

三重はもちろん、名古屋や、京都、奈良などでもお土産でNo.1を取るほど人気っぷり。 

赤福餅の誕生は、いまからおよそ300年前の宝永四年(1707年)。

赤福餅は、お餅の上にこし餡(あん)をのせた餅菓子です。形は伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎをかたどり、餡につけた三筋の形は清流、白いお餅は川底の小石を表しています。

名は「赤心慶福(せきしんけいふく)」の言葉から二文字いただき、「赤福」と名付けたと言い伝えられております。

引用:赤福餅 | 伊勢名物 赤福

 300年以上続く銘菓でございます!

 

賞費期限 1日間!?

f:id:masato1995:20161008183618j:image

「消費期限、明日までだからー!」って言われてたんだけど、謹製の次の日には消費期限なのだ。早っ。

それもそのはず、この赤福の成分は

  • 砂糖
  • あずき
  • もち米
  • 冬だけ(糖類加工品)

 それだけ!

余計な物質、添加物 などが入ってないが故に 消費期限 が短い。

やっぱ無添加って嬉しい。体に良い気もするし!

実際、ぼくみたいに胃が強い人は気にしません。ただ、1週間も過ぎればカビが生えてくるらしいので早めに食べようね。

ちなみに、夏と冬で消費期限が違います。

 

折箱の容器!

f:id:masato1995:20161008183815j:image

 もともとは、竹皮で包まれていたらしいですが、現在は木で作られた折箱の容器。

いや。めっちゃ雰囲気良いじゃん!サジ(ヘラ)も木製だし!

 

きめ細かく波打つあんこ

f:id:masato1995:20161008183824j:image

 清流をイメージしているあんこの模様。綺麗だよね~♪

見てわかったんだけど、あんこがめちゃキメ細いかくて滑らか。

 

スポンサーリンク

 

 

餅がモッチーって!

f:id:masato1995:20161008183837j:image

餅柔らかっっ!

危なく喉に詰まらせそうだったもん。笑

 

肝心の味も甘過ぎず、優しいお味。

美味しいぃぃ

ヤバい。これパクパクいっちゃうヤツー。

 

ラップで保存

f:id:masato1995:20161008183845j:image

寝る前に食い過ぎたー。

乾燥しやすいから、ラップで保存した方が良いです。

 

「赤福」宅配サービスもある

f:id:masato1995:20161008183830j:plain

 宅配サービスもあるみたい

 

>>赤福宅配サービス

 

赤福の店舗情報

赤福の直営店、売店など確認できますよ〜! 

>>店舗のご案内 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA