死って何?『世界からボクが消えたなら』”せか猫”もう1つの物語を読んだ

スポンサーリンク

生きてるんだから、いつか死ぬ。

この「死」について考えることって、なかなか無いよね。とゆうか、考えたくもない背を向けていることですよね。

でも、向き合わなければない時が必ずある。自分に関わらず、親とか、友達、ペットでも。

普段は向き合わない「死」について、この本が優しく、そっと教えてくれた気がします。

 

 

世界からボクが消えたならについて

知ってる人もいるかもしれないけど、この本は「世界から猫が消えたなら」通称”せか猫” の、もうひとつの物語。

キャベツ(猫の名前)の物語です。

 

そもそも ”せか猫” はLINE小説から始まり、書籍化されたものです。現在(2016年5月)100万部を突破、更に漫画化、映画化をされる大人気の作品となっております!

 

▼「せか猫」について詳しく知りたい方はどーぞ!

www.masato1995.com

 

雑なあらすじ

せか猫とは結構違う部分があって、読んでいても新鮮に感じました。

 

主人公は猫。

名前はキャベツだ。

キャベツは飼い猫で、ご主人さまがいる。

実は、このご主人さまの脳に悪性の腫瘍がみつかってしまう。しかも末期。余命宣告もされていた。

 

すると突然”悪魔”と名乗る奴がキャベツと、ご主人さまの前に現れたのだ。容姿はご主人様そっくり。

更には キャベツと話も出来る。

 

悪魔はヘラヘラしながら、ご主人さまに向かって「明日死ぬよ。」と話しだした。

あとに続けて「この世界からモノを一つ消してほしいんだよね。その代わりにキミの命を一日分だけ延ばしてあげる」

と言い出した。

その取引に応じたご主人さまは、1日1つモノを悪魔に消されます。

電話。映画。時計。と次々に

モノだけがなくなるのではなく、モノ関わった思い出、感情、すべて無かったことになっている。(原作との違い)

 

そして、「猫を消しても良い?」と悪魔に言われる。 

 

と。ここまで。

 

ご主人さまが死ねば、キャベツは生きる。

キャベツが死ねば、ご主人さまが生きる。

果たして、キャベツは何を思うか。

そしてご主人さまは何を思うか。 

 

スポンサーリンク
 

おすすめのシーン

ぼくがグッときたおすすめのシーンです。

是非注目してみてください。 

 

 一方通行の思い出は思い出じゃない

ご主人さまには、大親友がいました。

二人とも映画が大好きで、映画で知り合い。映画で仲良くなったと言ってもいいほど。

でも、世界から映画が消された。

もちろんご主人さまの寿命は伸びた。けど、大親友はご主人さまとの想い出を失い。忘れた。

ご主人さまは、親友を失いました。

 

その時ご主人はこんなことを思います。

 一方通行の想い出は、想い出じゃない。 誰かと共有できない想い出には、何の意味もありはしないんだ。

 

映画限らず、ぼくの場合アルバイトがそう。

今の恋人は学生時代のアルバイトで出会っている。社会人になってからもアルバイトをしてるけど、変な店長と変な仲間達とふざけ合うのが楽しい。ぼくの想い出です。

この出会いや想い出がなくなるなんて、ぼくにとってありえないこと。

 

死ぬのと消えるのは違う

ご主人さまはモノを消すことによって、大切な人、想い出を失っていきます。

 

そのことをずっと見ていたキャベツは気がつきました。

死ぬのと消えるのはちがう。 死にたくなかったんじゃない。 ご主人さまは、この世界から消えたくなかったのだ。

つまり今までで友達だった人、家族だった人、恋人だった人の記憶から消えたくなかった。

死んでも悲しんでくれる人がいない。思ってくれる人がいないのは死ぬより嫌です。

 

何のつながりもない一人きりの人生に、生きる意味なんてないのだ。

本当にその通りだな。と思い知らされました。

 

最後に

この本で ”死と生” について、なんとなくだけど、学べた気がしました。

 

▼なんか難しいけど、優しい言葉ですよねー。

自分が存在した世界と存在しなかった世界。そこに生じるほんのわずかなちがい。 そのわずかな差こそが、きっと自分が生きてきた証。 それが生きるってことなのだ。