目元に華を持たせる「Ray-Ban」BOSTONフレーム丸眼鏡

スポンサーリンク

f:id:masato1995:20170618202155j:plain

世界中で愛され続けている眼鏡ブランド『Ray-Ban』

芸能人の方をはじめ、様々な著名人の愛用を見かけます。

サングラスのイメージが強いRay-Banですが、今回の丸眼鏡に一目惚れ。

 

もともと視力矯正の為だけに掛けていた眼鏡。ついに”オシャレとしての眼鏡”を手に入れました。

 

スポンサーリンク
 

 

 Ray-Ban BOSTONフレーム丸眼鏡

f:id:masato1995:20170529211446j:image

レザー調の眼鏡ケースに凹凸でロゴが描かれている。

なかなかゴツめのケースで、これに入れておけば何があっても守ってくれそうな安心感。

 

f:id:masato1995:20170529211258j:image

Ray-Banオリジナルの眼鏡拭き。ツヤツヤしていて、心なしか使いやすい。

   

f:id:masato1995:20170529211537j:plain

フレームは”BOSTON(ボストン)”とゆうタイプの丸型フレーム。

ROUNDフレームの中でもラインナップは様々。迷った末に『RX5283F 2012』に決定。

 

いくつかのカラーの中から”べっこう”を選びました。高級感と光の当たり方で模様が変化して見えるのが好き。

昔ながらのクラシックな雰囲気を感じつつも、モダンなカッコ良さも見れる絶妙な形。

レンズ横の”智(よろい)”と呼ばれるところに飾り鋲がありアクセントになっています。

 

f:id:masato1995:20170529211556j:image

両サイド「Ray-Ban」の文字が語るブランドの偉大さ。

こんなに小さなワンポイントでもインパクトは大きく、人々を魅了する。

 

ぼく自身、掛けている人を見かけるたび振り返っていましたし、掛けていると友人もよく気づいてくれます。

やはりRay-Banの人気や認知度の高さはすごい。

 

f:id:masato1995:20170531191030p:plain

画像元:[楽天]RB2447

最後の最後までこの細い針金のようなデザインと悩みました。結局ロゴの魅力に惹かれ今にいたります。

 

f:id:masato1995:20170529211619j:image

レンズとレンズをつなげているここを”ブリッジ”と言います。

このブリッジ部分も丸みを帯びていて、見るからに遊びの効いたカジュアルなデザイン。

 

f:id:masato1995:20170529211606j:plain

普段から視力矯正の為に使っているJINS眼鏡。

ブリッジの部分がまっすぐです。まぁ根本から形が違いますが、まっすぐだとカッチリした感じになりますね。 

 

 f:id:masato1995:20170531001916j:image

鼻当ての部分は見ての通りフロント部分と一体化になっています。

鼻に眼鏡あとが残りやすいかもしれません。

 

 Ray-Banの丸眼鏡を実際に掛けてみた

f:id:masato1995:20170529211709j:image

実際に掛けてみたところ。

もともと目元が地味なので、かなり華やかになりました。

レンズも大きすぎず、小さすぎず。かなり好みのサイズ。

 

f:id:masato1995:20170529211721j:image

横から見てみると。

眼鏡だけ浮いてる感じもなく、馴染んでいます。

彼女や、友人にも掛けてもらいましたが、より柔らかく優しい印象になります。

 

f:id:masato1995:20170529211732j:image

モデルはともあれ、やっぱり、いい。

チラッと見えるRayBanのロゴの感じ。さりげないオシャレ感。

我ながら良い買い物をしました。

 

初めてのオシャレ眼鏡にいかがでしょう

f:id:masato1995:20170529211335j:image

「オシャレとしての眼鏡」を本気で選んだのは初めてでした。

普段の何気ない服装が眼鏡だけで、また違ったファッションになるのが面白い。

Ray-Banの眼鏡価格もそこまで高くなく、使いやすいです。

 

夏になるとTシャツとパンツの淡白なファッションになりがち、眼鏡などの小物を使うだけで一歩先のオシャレが完成出来ます。

コーデを考えるのが苦手なぼくには抜群のアイテムなのです。

 

 

ギャップを楽しもう!

基本的に、高級ブランドは好んで着ないです。UNIQLOやGUで済ませています。その中にたった1つだけお気に入りのブランドを紛れ込ませる。

そんなファッションが好き。そんなギャップが楽しいんです。