洗濯不要!珪藻土バスマットで毎日清潔なお風呂上がりを!

スポンサーリンク

f:id:masato1995:20170807195030j:plain

昔っからお風呂に入らないと寝られない人です。まさと(@O_Masato1995  )です。

 

今日はそんなお風呂に関するアイテム「珪藻土バスマット」の紹介!

 

 結論から言うと、

今まで何でコレ使ってなかったんだろう?

ってくらい便利でした。

スポンサーリンク
 

 

 

バスマットを洗濯するのってめんどくさい

f:id:masato1995:20170804214805j:image

そもそもバスマットって何使ってますか!?

ぼくは特にこだわりとか無いのでタオル生地とか、ふかふかの生地とかテキトーに使ってました。

 

ある程度水分を吸収して、そしてビショビショになります。

もう、夏なんて2,3日使いっぱなしにしたら、あっという間カビも生えます。

 

せっかくお風呂入ったのに、足元から汚れてる気がして嫌なんですよね。衛生的にもあまり好ましくない。

 

だから毎日洗濯しなきゃないわけです。

けど、ぶっちゃけそれが面倒くさい!

 

バスマットを使わない時もあったけど、それはそれで気持ち悪いんです。床ビショビショになって結局拭かなきゃないし。

 

珪藻土バスマット を買いました!

f:id:masato1995:20170801151518j:image

そこに現れた救世主。

話題の「珪藻土バスマット」を購入してみたとゆうことです!

ここ数年かなり話題に上がっていたので、ご存知の方も多いでしょう!

 

Amazonや楽天で調べてみましたが、結構いろんなメーカーさんが出しているみたいですね。

「soil」とゆうメーカーが有名ですが、その半額&Amazonでも高評価だった「AngLink」で購入しました。

 

珪藻土とは

まず、珪藻土ってゆうのは、大昔に海底や湖の底で化石化したる珪藻の殻の化石です。つまり天然の物質です。

珪藻は1mm以下の小さな穴が空いて、これが吸水性に長けている理由ですね。スポンジを想像すると分かりやすいと思います。

この、「珪藻」がものすごいヤツでして、是非試してみて欲しいです!

 

ではでは、ちょっと紹介していきます!

 

 メンテナンス用のヤスリ付き

f:id:masato1995:20170801151612j:image

他のメーカーもだいたい付属していますが、メンテナンス用のヤスリがついてきます。

あとは、メンテナンスの仕方と、注意点が書いてある説明書ですね。

AngLinkの文字が掘られてるのが、ちょっとおしゃれ。

 

大きさは 60cm × 40cm × 1cm

f:id:masato1995:20170804190259j:image

汚い足で失礼します。

大きさはこんな感じです。ちなみに、ぼくの足は26.5cmくらい。

縦60cm、横40cm、厚さが1cmになっています!

まぁ、丁度いいサイズで使いやすいと思います。重さは2.7kgとそれほど重くありません。 

 

最初は臭いと、粉が気になるかも 

f:id:masato1995:20170803173721j:image

なにやら、Amazonの評価を見ると臭いが気になる人がいるみたい。

AngLinkの製品は、もともと他の珪藻土マットに比べて、そうゆう声が少なかったです。

 

一応、心配なので鼻を近づけると、確かに粘土みたいな臭いがしますね。と言っても、鼻をしっかり近づけないと臭わないレベル。

 

1週間もすると、かなり臭いも薄くなり。とゆうか、足元に置くだけなので元から気になりません!

 

f:id:masato1995:20170803235855j:image

それから、細かい粉みたいなのが少しだけ付着してます。まぁ、どうってことないです。

おそらく、製造時に付着した珪藻土のカスでしょう。

 

f:id:masato1995:20170801143419j:image

布巾などサラッと水拭きすれば問題なし!

もう既に布巾の水分が吸収されてます。

布巾カラッカラになる。

 

あっという間に吸収、乾燥!

f:id:masato1995:20170801173614j:image

はい。手を濡らしてきました!

ドン。この時点で吸い取られてるのが分かるほどの吸収力です。

乾いてる所からマットに引っ付く感覚。

 

f:id:masato1995:20170801173642j:image

ほっ!

 

f:id:masato1995:20170801173651j:image

20秒。

 

f:id:masato1995:20170801173700j:image

40秒。

 

これぞ、速乾!

風呂上がりは体を拭いてる内にが足が乾くので、床を濡らさないで済みますね。

子供の頃から、今でもですけど濡れた足でリビングまで行くと「床濡らすな!!」って怒られたもんです。それが今じゃ何の心配もなくなりました。

 

珪藻土パワーでいつまでも清潔なお風呂上がりを

f:id:masato1995:20170804191241j:image

珪藻土の性質上、吸水性は当然のことながら、

  • 脱臭
  • 湿度調整
  • カビやダニ発生の抑制

など、そこに置いておくだけで衛生的にも改善されます。

お風呂周りってすぐカビ生えるんですよね。

湿気もこもりやすいし、ダニやカビにとっては最高の環境なのかもしれない。

 

実は、もう1ヶ月くらい珪藻土バスマットそのまま置きっぱなしにしてるんですけど、夏なのに一切カビが生えていません。

普通のバスマットなら確実にカビだらけですよ。

考えただけで体が痒くなってきますね。

 

洗濯不要!お手入れも簡単

f:id:masato1995:20170804191956j:image

 今言った通り、1ヶ月放置してもなんの問題もありませんでした。

 

もちろん、珪藻土バスマットは洗濯なんてしません。とゆうかしちゃダメです!

 ただ、本当は2週間に1回程度、壁に立て掛けて陰干しするのが良いみたいです。

そろそろ陰干しします。といっても立てかけるだけですけどね!

 

それから、ホコリとかも発生しないところも良い所です。表面がフラットなので、髪の毛や衣服のカスが落ちてるとすぐ気づけます。掃除もそのまま掃除機かければ良いだけですもんね!

 

珪藻土バスマットの専用スタンドもあるみたいですが、ぼくはそのまま壁に立てかけています。

 

吸収しづらくなったら、ヤスリをかけよう!

f:id:masato1995:20170804185700j:image

 まだ1ヶ月なので経験していませんが、表面に汗やホコリによって吸収する穴が塞がれてしまうようです。

吸収が悪くなってきたら付属のヤスリで削ってみましょう。

試しに少し削ってみましたが、粉も出てきます。室内ではなくて、外でやるのがいいですね!

 

珪藻土バスマットの気をつけるポイント

落としたり、不安定な所に置くと割れるよ

f:id:masato1995:20170804191308j:image

まぁ、こんな使い方する人はいないと思いますが、段差にかけて乗ると当然割れます。

もちろん落としても割れちゃいますよ。

基本何もしなければ割れませんので、気をつけましょう!

 

洗剤で洗うのはダメ

先ほども書きましたが、洗剤はダメですよ!

毎日使ってると少しずつ汚れてくると思いますが、洗剤や石鹸は穴をつまらせる原因になります。

汚れてきたらヤスリで磨くようにしましょうね!

 

お風呂上がりはスッキリ清潔にー!

 若干、潔癖症のぼくにとって最高、最良の商品でした。

お風呂上がったら外にも出たくないくらい、汚れたくないです。

いつもよりも清潔でメンテナンスもほとんどいらないなら、もうそれだけでいい!

しばらくはこのマットにお世話になりそうです。