僕「ケーキ作りの鬼」なんです

スポンサーリンク

ぼく子供の頃から料理には興味があって幼稚園の時にはマイ包丁もってました。
 
料理っていってもイタリアンや中華、和菓子、洋菓子。様々です。中でも僕が凝っているのが洋菓子。ケーキ作りなんです。
 

作品

ちょっと見てって。


f:id:masato1995:20160204183836j:image

フルーツタルトです。

f:id:masato1995:20160204183849j:image
いちごのレアチーズケーキです。

f:id:masato1995:20160204183903j:image
ガトーショコラです。

f:id:masato1995:20160204203929j:image
高校の調理実習です。
 

ケーキ作りを始めたきっかけ

f:id:masato1995:20160204202908j:image
お母さんがよくチーズケーキ作ってくれてたんです。これがちょーうまい。
 
それをきっかけにケーキってスゲーなって思いました。あんなに焼く前は液体なのに出来上がりはふわっふわ。
 
いつかぼくも作りたい。
「将来の夢はケーキ屋さん」幼稚園のアルバムに書いてありました。男の子の中にたった一人だけ。
「女子か!」って突っ込みたい。
 
本格的に始めたのは高校生の時、彼女に逆バレンタインデーってゆう小洒落た事がしたかったんですよ。
初めは散々で3回くらい失敗しましたね。 
どっかでケーキ買ってあげるって手ありましたけど。
当時美味しいとこ知らなかったんです。
 
 

市販のケーキは好きじゃない

市販のケーキって甘すぎるじゃないですか。
防腐剤とか入ってるだろうし。食べ終わったあとの悪いもの食った感があるんですよ。
胸焼けもするし。それは年取ったからかな?
食べるとしたら美味しいって分かってるケーキ屋さんくらいかなー。
 
「食べたい!」って思ったら作ってみるんです。
甘さもぼく好みに調整するので、くどくないし、そこら辺のより美味しいよ!自画自賛だけど(笑)
 
 

今でも作る理由

もちろん楽しいです。楽しんでつくってます。もう1つの理由としてプレゼントするとすっごい喜ばれます。何か物をあげるよりよっぽど喜ばれますね。
そりゃ喜ばれたら作りたくなりますよ。
クリスマスやバレンタイン、誕生日等イベントがある度にケーキやタルトを作ってプレゼントしてたんです。
 
 

気づいたら「ケーキ作りの鬼」になってた

f:id:masato1995:20160204202932j:image
おかげで技術やコツが身に付いてました。
今はシュークリームやスコーン、マフィンなど様々な洋菓子を作っています。
 
今度は和菓子に挑戦しようかな。
小豆あんこ作るくらいなら出来ますよ。